いぬもあるけば・・・
いぬもあるけば・・・棒に当たる? 道草していてふと出会った情景。携帯デジカメの写真です。

プロフィール

 ころころわん

Author: ころころわん
60代男性。

趣味 サイクリング、水泳、知らない土地(街でも山でも海辺でも)を歩くこと。
デジタルカメラのおもしろさは最近知りました。

コロは、今は亡きかつての愛犬の名前。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



過去ログ



FC2カウンター



カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ネット講座



ネット講座



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いちょうの幹の模様

変なものに興味を持つようになりました。

木の幹の模様。観察してみるとほんとに面白いのです。

いちょうの幹の特長はやや乱れた縦縞模様。そのたて縞模様は、茶褐色の凸になっている表皮と、内側の黄土色の新しい表皮と思われる部分から出来ています。

縞1


縦縞模様の写真を撮っていて気がついたことがあります。

凸になっている部分は、幾重にも重なっているのです。下側ほど幅が広く、最後に黄土色の内側に行き着きます。
黄土色の内側も数層あるようです。

縞2


幹をよく見てみると、模様の他にも何か変わったものが見つかります。


枝の切り口。

新しい切り口はただの切り口ですが、古い切り口は縁が盛り上がっています。ただし、内部の年輪の見えるところは平らのままです。

切り口1


切り口2


木の幹の細胞が増殖できるところはどこなのかが分かる感じです。


気根。

いちょうの木は古いものになると枝の付け根のあたりから細長い乳房状の短い気根を生じます。

気根



昔、小学校か中学校で、気根は空気を呼吸するためのものだと教えられたような気がするのですが、本当はどうなのでしょう? こんな堅そうなものが呼吸しているのでしょうか。

枝の下から、根を伸ばすように出たのではないかと思うのですが・・・。

スポンサーサイト

テーマ:植物の写真 - ジャンル:写真


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://korokorowan.blog47.fc2.com/tb.php/8-37e9eb00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。