いぬもあるけば・・・
いぬもあるけば・・・棒に当たる? 道草していてふと出会った情景。携帯デジカメの写真です。

プロフィール

 ころころわん

Author: ころころわん
60代男性。

趣味 サイクリング、水泳、知らない土地(街でも山でも海辺でも)を歩くこと。
デジタルカメラのおもしろさは最近知りました。

コロは、今は亡きかつての愛犬の名前。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



過去ログ



FC2カウンター



カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ネット講座



ネット講座



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


木造建築の生命

 古川ひろしさんの個展「文化の記憶」(調布、サンマロー)を見せていただきました。

 新潟十日町にあった古い米倉を解体し、倉に使われていた材木を再利用して家を新築した経過を記録した絵を展示したものです。

米倉

 解体した米倉。100年以上経ったものです。材木を一本一本抜き、朽ちたものを除いて再利用したそうです。

建築中1

 建築中の様子。

href="http://blog-imgs-18.fc2.com/k/o/r/korokorowan/20599kentikuchuu.gif" target="_blank">建築中

 建築の経過は多数の絵になって記録されています。

完成

 完成した家。内部は広くて明るいとのこと。今後100年は持つことが期待されています。

 コンクリの命は40年ぐらい・・・古川さんの言葉。材木の持つ寿命というものを感じさせられました。

 そういえば正倉院は建築後1200年以上になります。数年前に高校の同窓会のおりに見た清水寺の舞台を支える木組みもすごいものでした。

 私の故郷和歌山では母の親の古い木造の家がありました。太い大黒柱。太いかもい。懐かしい光景です。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。