いぬもあるけば・・・
いぬもあるけば・・・棒に当たる? 道草していてふと出会った情景。携帯デジカメの写真です。

プロフィール

 ころころわん

Author: ころころわん
60代男性。

趣味 サイクリング、水泳、知らない土地(街でも山でも海辺でも)を歩くこと。
デジタルカメラのおもしろさは最近知りました。

コロは、今は亡きかつての愛犬の名前。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



過去ログ



FC2カウンター



カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ネット講座



ネット講座



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2ブログランキング

FC2ブログランキング



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


調布の緑道

日曜大工センターに行く途中できれいな散歩道を通りかかりました。
最近、といってもここ10年か20年ぐらいに出来た道でしょうか。
昔日曜大工センターに行ったときは、このような道はなかったと思うのですが、気が付かなかっただけでしょうか。

緑道1


緑道2


「多摩川緑道」という名が付いていました。
暮らしの中にこういう道があるのはとても良いですね。

緑道3



府中でも多摩川近くでこのような緑道があり、梅が満開のころ通りかかったことがあります。
夕暮れ時で、ほのかな梅の香も漂い、何とも言えない気持ちの良さでした。薄暗くてうまく写真が撮れなかったのが残念でした。









スポンサーサイト

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真


多摩川河原のニセアカシア

梅雨のような天気が続いたあとで久しぶりに晴天になりました。
多摩川の川岸のサイクリングロードを走っていて、ふと、道に白い花びらが沢山散っているのに気がつきました。

何の木の花だろう?

辺りを見回して、ニセアカシアが満開になっているのがわかりました。

ニセアカシア1


ニセアカシア2


ニセアカシアの花房は天ぷらにするとおいしいのです。
むかし長野で短期間寮生活をしたとき、世話をしてくれていた管理人さんがタラの芽やニセアカシアの花房を天ぷらにしてくれたことがあるのを思い出します。

ニセアカシア3


多摩川のニセアカシアには別の思い出もあります。
まだ子供が小さかったとき、よく乳母車に乗せて親子で多摩川の河原に遊びに来ました。
その時の河原への下り口の脇に奥の深いニセアカシアの林がありました。この林は今でもあります。

ニセアカシアの花に誘われて写真を撮っていたら、足元で小さな白い花がたくさん揺れているのに気がつきました。

なんだろう?

よく見てみるとヘラオオバコでした。
ちょうどヘラオオバコも花期で、1つ1つの頭に小さな白い花を沢山付けていました。

ヘラオオバコ


近づいてヘラオオバコの花の写真を撮っていると、草の香りがしてきました。
さまざまな草が若葉の緑を増し、花を付けているものもあります。

河川改修の工事ばかりで、気持ちが遠ざかっていた多摩川ですが、
やっぱり自然は良いと感じたひとときでした。

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真


府中大国魂神社のくらやみ祭り

府中の街を通りがかって大国魂神社の暗闇祭りを見ました。まだ4時すぎで暗くはないのですが、にぎやかなかけ声や太鼓の音が響いていたので、それとわかりました。

そういえば、去年も連休中に府中を通りがかって、盛大な太鼓の行列を見たのです。


たいこ1

たいこ2


大きな太鼓の上に提灯を持った人が乗っていて、かけ声をかけながらゆっくりと提灯を下げたりあげたりしています。
提灯をあげたときが太鼓を打つときです。どーん・・・と体に響く大きな音が響きます。

このような太鼓を町内ごとに出して、大勢でそろいの法被と烏帽子を付けてひっぱています。

市内のあちこちから6台以上の太鼓が出てくるはずです。

今年は子供ばやしも見かけることができました。


子供ばやし1

こどもばやし2


こどもばやし3



子供ばやしもなかなか凝っています。山車の上で2−3人の衣装を着ておかめやひょっとこのお面を付けた子供が一生懸命踊る演技をしています。山車を取り巻いて集まる子供たちも祭礼用のきれいな着物などを着ていたりします。

子供ばやしの山車も町内ごとに出しているようで、写真には6台の山車が写っています。
それぞれの山車はそれぞれのそろいの法被を着た大人が引っ張っていました。

府中は大昔には武蔵の国の中心地だったので、そのころからの伝統が代々受け継がれているのでしょうか。






エコランド【不用品・中古品、粗大ごみの引取 回収 買取 処分 廃棄 リサイクル】

テーマ:街の風景 - ジャンル:写真




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。